性病検査の方法と場所について

 性病の検査をすることができる場所としては3か所挙げられます。一般的な場所としては専門の医療機関が挙げられます。専門の医療機関は男性の場合は泌尿器科、女性の場合は産婦人科が挙げられます。男女ともに受診できる病院としては性病科が挙げられます。病院で検査をする場合は保険が適用されますが、ある程度費用がかかります。しかし、検査で病気が判明した場合はすぐに専門の医師が診察をして正しい治療をしてくれるため安心して受診することができます。病院で検査をする場合は診察代と検査代、そして病気が判明した場合は薬代がかかりますが、予約は必要ないので都合のよい時に検査をすることができます。
 病院だけでなく地域の保健所でも検査をすることができます。保健所で検査をする場合は費用はかからないので無料で性病検査を行うことができます。しかし、保健所で検査をする場合はあらかじめ予約をしなければ受けることができないのでよく確認することが必要です。また、1日に検査をすることができる人数も決まっているため自分の都合ではなく保健所に合わせなければいけません。保健所ではあくまで性病の検査をするだけなので、病気が判明した場合は自分で専門の医療機関を探して受診する必要があります。また、保健所でも病院を紹介してもらうことも可能です。
 病院や保健所に行く時間がないという方は自宅で検査をすることができる郵送検査をおすすめします。郵送検査は自宅で検査物を採取し、検査施設に郵送するだけで性病に感染しているか調べることができます。郵送検査は匿名で検査を受けることができ、インターネットで結果を確認することができるため家族に病気を知られたくない方などにも人気の方法です。しかし、郵送検査は費用が高く、検査項目が多ければ多いほど費用が高くなるため注意が必要です。
 検査が終わり、自分が実際に性病に感染していたことがわかったらすぐに治療にとりかかりましょう。ヘルペスに感染している場合には、バルトレックスという薬で治療を行わなければなりません。バルトレックスはアシクロビルを成分としヘルペスウイルスの増殖を抑えることができます。ヘルペスに感染した際はバルトレックスを早期に服用し治療することが大事です。また、ヘルペスは再発率も高いので完治するまでしっかり治療しましょう。また、感染者数の多い性病にはクラミジアが挙げられます。以前まではジスロマックで治療することが多くありましたが、現在はジェネリック医薬品のアジーを使う選択肢もあり、安価に治療することも出来ますが。そもそも性病に感染しないようにリスク管理をすることがまず大切でしょう。
そのためには、少しでもクラミジアの疑いのある症状が出たときは早急にクラミジア検査をするようにしましょう。最近では自宅でもクラミジア検査が可能な検査キットがネット通販などで簡単に購入することができるようになっています。
そして、クラミジアの検査や治療で大切なことがあります。それは検査も治療もパートナーと一緒に行うことが大切だということです。お互いが完治していない場合、パートナーから再感染する恐れがあるからです。そのようなことにならないためにも、クラミジア検査はパートナーと一緒に行いましょう。そうすることでお互い安心でき、再発防止にもなります。

性病になってしまう原因は多様にあります。コンドームを使用しない性行為はもってのほかですが、いわゆるオーラルセックスのみでも粘膜の接触で何かしらの性病に感染する可能性があります。正しい予防法で性病を確実に防ぎましょう。

ページの先頭へ戻る