性病治療の匂いとビタミンについて

女性であれば、お肌のケアのためにサプリメントを服用しており、ビタミン剤を飲んでいる方もいるでしょう。また性病に罹り抗生物質を飲んでいる人もいるとします。そんなとき妙に尿に匂いを感じることがあります。ビタミン剤の影響なのか?それとも抗生物質の匂いなのか?はっきりしないこともあるはずです。抗生物質を服用すると、尿に匂いを感じることがありますので、その可能性が高いです。また抗生物質を服用することで、新たな性病が発症することもあります。

それは膣カンジダです。抗生物質を服用しているのに、そのような病気が発症するのかというと、必要な菌を殺菌してしまうことで、カンジダを発症してしまうことがあります。真菌や細菌は互いにバランスを保つことで、悪さをしないようにしています。どちらかがバランスを崩してしまうと、どちらかが悪さをするようになります。抗生物質を服用して、バランスを崩したことが考えられます。カンジダを性病として見るのは、有識者としても判断が分れると言われています。常在菌のバランスが崩れることで、誰でもなる可能性がある症状ですので、痒さやおりもの等が気になるのであれば、クリニックに行って医薬品を処方してもらいましょう。比較的症状を抑えることが容易な症状になります

ひとつの医薬品を使うことで、思わぬトラブルを生むことがあります。できる限り医師が処方した医薬品を、決まった用法で服用することが大切です。またビタミン剤と一緒に服用することで、医薬品の効果を高めたり、弱めることもありますので、その点も注意が必要です。正しい方法で服用して、なるたけ早く治療ができるように、医薬品の服用には十分気を付けてください。

性病になってしまう原因は多様にあります。コンドームを使用しない性行為はもってのほかですが、いわゆるオーラルセックスのみでも粘膜の接触で何かしらの性病に感染する可能性があります。正しい予防法で性病を確実に防ぎましょう。

ページの先頭へ戻る