1つの検体で複数の性病検査、内容一覧と費用

性病かなと疑った時に病院に行きますが、そこでは性病の詳しい検査をします。この検査のために用いられる検体は、尿、膣の分泌液、精液、そして唾液などを採取します。性病には複数のものがありますが、それぞれに検体を採取しなくても、一つの検体で複数の検査を同時に行うことが出来ます。また血液検査も重要です。血液によって、その病原菌の抗体などを調べて感染を知ることもできますが、それ以外にも感染により炎症反応はどれくらいあるのか?そしてほかの肝機能や腎機能などに影響がないのかなども知ることができるのです。性病を疑った時には、まず保健所で無料の検査を受けることがあるかもしれません。ここでは調べることの出来る性病の一覧がありますし、費用も掛かりません。また直接病院に行って検査をするという人もいるでしょう。その場合には、一つの検体で調べることの出来る性病の項目が一覧になっていてすぐに知ることが出来ます。また感染源がはっきりしたら、それに対する治療を始めなくてはいけませんが、各病名の治療をするのに、薬は何クール飲むとかどの程度の間隔を置いて検査をするなどすぐに知ることが出来ます。また主なものはおおよその費用も分かるので参考にすることが出来るでしょう。
性病になった時、様々な症状が出ますが、病気によって、その症状が似ていることもあります。また自分で判別をすることはできないので、しっかり原因を突き止めることが大切ですね。また感染がわかるとそれに対応した内服等で治療をしていきますが、性病によっては費用がかさむこともあります。しかし治療を怠れば再発という危険性もあるので、きちんと原因菌がなくなるまで治療をすることが大切です。

性病になってしまう原因は多様にあります。コンドームを使用しない性行為はもってのほかですが、いわゆるオーラルセックスのみでも粘膜の接触で何かしらの性病に感染する可能性があります。正しい予防法で性病を確実に防ぎましょう。

ページの先頭へ戻る